ラストシーズンに懸ける想い Part15

カテゴリー:
チームダイアリー

チームダイアリーをご覧の皆様、こんにちは!

ジュニア選手権準決勝・明治大学戦を明日に控え、先日に引き続き同校より勝利を掴むべく入念な調整をおこなっています。

さて、対抗戦開幕時よりお送りしてきたこちらのインタビューも終盤を迎えつつあります。今回は辻本大河(BR・慶應義塾)と南翔大(SO/CTB・常翔学園)の登場です。二人のラストシーズンに懸ける想いを是非ご覧ください。

 

<辻本 大河 (BR・慶應義塾)>

 

―ラグビーを始めたきっかけ

ラガーマンだった父の影響もあり、塾高入学を機にラグビーを始めました。当時高校の同じクラスに武蔵(=佐藤武蔵・FL)や山中(=山中侃・BR)や中川(=中川丈豊・HO/BR)がいたこともラグビー部入部の後押しになったと思っています。

 

―大学でも蹴球部に入部した理由

一つは、やるからには学業と部活を両立させたかったということです。もう一つは、慶大のラグビーはよく「伝統の低いタックル」や「魂のラグビー」と形容されますが、自分は塾高時代から、大学でプレーする先輩方が持つ強い精神力に魅力を感じていたため、入部を決めました。

 

―蹴球部でうれしかったことは

今年の9月下旬に行われたJr.選手権の明治戦で勝利したことです。1年の頃から尊敬する先輩方が悔しい想いをしてきた相手だったので、その相手に勝利できたことは、Jr.選手権といえど非常に嬉しかったです。
また、チームとしてずっと積み上げてきた、前に出るディフェンスが成果として現れたこともとても嬉しかったです。

 

―普段から心がけていること、またチームにおける役割とは

グラウンド内でとにかく身体を当てるのはもちろんですが、チームで話す時は改善点をできるだけ短く・簡単に全体に共有して、次のプレーに活かせる情報を発信することを心がけています。
オフグラウンドでは、下級生担当として自らが規律を厳しく守って生活するよう心がけています。

 

―伝えたいこと

グラウンドでは色々ありますが、自分は同期が大好きです。引退しても尚、激励のメッセージをくださる尊敬する先輩方も大好きです。

また、いつもこっそり試合を観に来て応援してくれる家族には感謝していると同時に、まだまだ晴れ舞台で活躍できていない自分を申し訳なく思っています。やはりラグビーで活躍するのが一番の恩返しだと思うので、最後まで精一杯闘いたいと思います。

―ラストシーズンに懸ける想い

高校から初心者として始めた自分のラグビー人生は、正直、悔しくて辛い思い出の方が多いです。

4年生のラストシーズンに入った今、目の前の試合、練習、プレーに集中して全力を尽くすのみだと思っています。自分たちが過ごした時間と徹してきたラグビーが間違いではなかったと証明できるよう、何としても大学日本一になりたいです。

 

<南 翔大 (SO/CTB・常翔学園)>

 

―ラグビーを始めたきっかけ

母親が昔ラグビーのマネージャーをしていた関係で、幼い頃からラグビーが身近にありました。兄がラグビーをしていたので自然と自分も始めました。友達もたくさんでき、とにかくラグビーが楽しくて仕方なかったです。

 

―慶大蹴球部への入部を決めた理由

きっかけは上田昭夫さんに声をかけていただいたことで、そこから慶應を選んだ理由は2つあります。

1つは、これまでとは全く違った環境が一番成長できると思ったから。2つ目は、どの学校で日本一になるのかを考えたときに一番ワクワクするのが慶應だったからです。

 

―蹴球部で転機

自分にとっての転機は、この部に入部したことです。

高校までとは一転して試合に出場できない時期が続いたり、怪我をしたりと思い描いていた大学ラグビーとは全く違うのですが、だからこそ多くのことを学べていると感じています。しかし、どれだけ多くのことを学べたとしても、やはりAチームとして試合に出られていないのは悔しいです。

 

―普段から心がけていることとは

自らが置かれた状況でできることに全力で取り組むことを心掛けています。当たり前のことではありますが、グラウンド内外に関わらずチームの為にやるべきことを考えて行動しています。自分には役職がないので、その分チームに貢献できる行動ができればと思っています。
また、いつ何が起こるかわからなくて、自分が大好きなラグビーを不自由なくできていることは当たり前じゃないので、その一瞬一瞬を大事にしたいです。

 

―伝えたいこと

これまで僕に関わってくれた方々には感謝しかありません。特にラグビーの楽しさを教えてくださったコーチの方々や、支えてくれている家族、友人には感謝しています。
しっかりと結果を残して、これまでの感謝を伝えられればと思います。

同期、後輩のみんなへ。
最後は絶対に想いの強さが結果に繋がると思っています。1月12日に日本一になる姿を常にイメージしよう。絶対日本一になろう!

写真後列左より植竹創(LO・湘南),辻本大河(BR・慶應義塾),齊藤柊(FL・獨協埼玉),中山和政(WTB・桐蔭学園),佐藤航大(LO/BR・國學院久我山),安西浩昭(WTB・慶應義塾),前列左より中島雅大(PR・桐蔭学園),竹内翼(PR・慶應義塾),坂田拓海(PR・慶應志木),南,柴尾將希(CTB・修猷館)

 

―ラストシーズンに懸ける想い

自分に残されたチャンスを活かし、1月12日にグラウンドから最高の景色を見られるように頑張ります。支えてくれているスタッフ、特に主務と学生コーチ、彼らのために日本一になります。

写真左から田中陽太郎(主務・慶應義塾),中西浩大(学生コーチ・慶應義塾),南,古田京(主将・慶應義塾)

 

 

 

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

次回からはスタッフ、そしてリーダー陣の想いを特集いたします。乞うご期待ください。

お知らせ

2019年度ラグビー祭につきまして

お知らせ

蹴球部部歌『白皚々』オーケストラ演奏放映のお知らせ

no image
夏合宿について

佐渡 特別限定商品 販売開始のご案内

慶應義塾體育會蹴球部オフィシャルサイト(https://keiorugby.com/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる