2019年度シーズン終了のご挨拶(主務 川邊 幸)

カテゴリー:
お知らせ

日頃より慶應義塾體育會蹴球部の活動にご支援ご声援をいただき、誠にありがとうございます。2019年度主務を務めさせていただきました川邊 幸です。

今年度の塾蹴球部シーズンは、一昨日、帝京大学百草グラウンドにて実施いたしました、帝京大学との4年生試合をもちまして終了致しましたことをご報告させていただきます。

日頃より多大なるご支援をいただいております黒黄会の皆様、良き時も辛い時も沢山応援してくださったファンの皆様、学生の指導にあたってくださったコーチの皆様、そして保護者の皆様の支えが、選手たちの大きな力となりました。この場をお借りして、皆様に感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

 

本年度も、先輩方の想いを継ぎ「大学日本一」達成を目指して日々取り組んで参りましたが、結果としては大学選手権への出場を逃し、日本一への挑戦ができぬままシーズンを終えることとなりました。

特に関東大学対抗戦中は、これまでやってきたことを信じて戦い続けましたが、多くの局面で勝利することができず苦しむ日々が続きました。結果を受けて「何をするべきだったか」「今後自分たちに何ができるのか」を各個人が考え続け、最後まで歩んできたように思います。

大学日本一を目指すチームとして、この結果でシーズンを終えてしまうことは最大の“悔い”です。勝利のために、全てをやり切ったと全員が思わない限り、まだまだ追い求めるべきところがあったと、過日を振り返って思います。

 

今年度は新たなことへの挑戦が多い1年でした。新たな環境の中でもがきながら変化し続け、最後の対抗戦を勝利で終えられたことは、一生忘れられない思い出です。今年度の挑戦で得た沢山の経験や思いを、来年度以降のチームに繋ぎ、後輩たちには「大学日本一達成」への道を歩み続けて欲しいと心から願っています。

また、120年という節目を迎え、改めてこれまで慶應ラグビーに関わってくださった全ての方に感謝申し上げます。来年度もその先も、沢山の人に愛される黒黄チームとしてあり続けるべく、後輩たちには熱くひたむきに頑張って欲しいと思っております。選手は勿論、チームを根から支えるスタッフも、同じ思いを持って取り組み続けて欲しいです。

 

皆様には引き続き、チームへ変わらぬご支援・ご声援を賜りたく存じます。どうぞ宜しくお願いいたします。

上記をもちまして、今年度の締めのご挨拶とさせていただきます。

 

令和元年12月24日

2019年度主務 川邊 幸

このページをシェアする
no image
チームダイアリー

自粛期間中の取り組み 〜ワークアウト対決〜

no image
お知らせ

2020年度新人選手(124代)のご報告

no image
お知らせ

新入生オンライン説明会実施

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる