スタッフ紹介・レフリー

学生レフリーは、普段はアナリストとしても活動しながら、その専門性を生かしてチームの勝利に貢献します。選手と共にグラウンドに入り、16人目のプレーヤーとして一番近くから選手をサポートします。学生レフリーの仕事を紹介します。

レフリーの様子1
レフリーの様子2

練習

日々の練習に参加し、レフリングを通して選手たちの試合中のペナルティー減少を目指します。ブレイクダウン、スクラム、モールなどの密集でのプレーは選手たちだけでは反則に気が付かないため、その場でフィードバックを行い、逆に反則を取られにくいプレーをアドバイスします。試合形式の練習では、レフリーが参加することで、選手は試合と同じ状況でプレーすることができ、練習のクオリティも上がります。また、レフリーには1試合を走り切る持久力や、速いプレーについていくスピードが求められるので、フィットネストレーニングに参加することもあります。選手と一緒にグラウンドに立てるので、日本一を目指す選手たちの熱意を直に感じることができます。

試合

部内戦や練習試合の時は、レフリー・アシスタントレフリー・第三審判として試合の判定や運営を行います。選手たちが公式戦同様の高いレベルで練習試合をするためには、正確なレフリングが求められます。また、試合後に選手にフィードバックをして、同じ反則を公式戦で取られないように改善します。ホームの試合の時は、相手校とも連絡を取りながら、担当していただくレフリーの手配、連絡、アテンドまで行い、チームの窓口になります。
さらには、チームを離れ、社会人・他大学・高校生・中学生など外部の試合を担当することもあります。特に慶應義塾高校などの一貫校への派遣を通して、慶應ラグビー全体の強化にも関わります。

分析

学生レフリーにはアナリストとしての側面もあります。分析班とともにビデオやドローンを扱うこともあります。また、試合で取られた反則をまとめて原因を考え、担当していただいたレフリーの方にアドバイスを求めます。さらには、レフリー研修会などに参加して、改正されるルールの情報をいち早く入手し、ルール講習会を開いてチームに還元します。「レフリーにしかわからないことを選手に伝える」ことは学生レフリーにしかできない重要な役割です。

現役部員からのメッセージ

橋本 有生
慶應義塾
商学部
部員紹介ページへ

16人目のプレーヤーとして。
ラグビーは反則が勝敗に大きくかかわるスポーツです。練習に参加して選手にフィードバックし、反則を減らすことでチームの勝利につなげることができます。
ラグビーのレフリーは「選手とコミュニケーションをとってできる限りチームが持ち味を出せるように試合をマネージメントする」という、他競技の審判とは少し違った役割を果たす必要があります。
私は小学生からラグビーをプレーしており、レフリーを始めたのは大学からです。
レフリーになってから、選手も知らなかったルールを学んだり、レフリーとしての視点で試合を見ることができるようになったりと、ラグビーを多角的に楽しむことができるようになりました。
選手と一緒にグラウンドに入って練習や試合をできること、一番近くで選手のプレーを見ることができることも学生レフリーの魅力です。
塾蹴球部を飛び出して、中学・高校・他大学・社会人の試合を担当することもあり、外とのつながりもできます。
他とは違った形でラグビーに関わりたい方、将来的にもラグビーと関わっていきたい方、選手と一緒にフィールドに立って試合に関わりたい方、学生レフリーとしての道を考えてみてはいかがでしょうか。
16人目のプレーヤーとして、日本一を目指しましょう。

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる