スタッフ紹介・分析

分析班は、日々の練習や試合のビデオ撮影・編集、自チーム・相手チームの試合分析など、多方面から部をサポートしています。蹴球部アナリストの具体的な仕事を紹介します。

練習、試合の撮影・編集

弊部では日々の練習から週末に行われる練習試合、公式戦まで全て撮影しています。撮影した映像は、選手達へのフィードバックに使われます。また、練習や試合の映像は、クラウド上にアップロードし選手の自宅や寮でも観られるようにしています。春秋のシーズンは他校の試合も撮影し、対策に役立てます。これらの試合映像は試合の勝敗に大きく関わってきます。

試合分析

アナリストは、毎試合ごとにチームや個人のスタッツを出し、試合講評としてマッチレポートの作成を行っています。このマッチレポートは、チームの戦略を考える上でとても重要なデータになります。又シーズン中は、相手チームのプレーをまとめ、相手の強みや弱み、サインプレー等も分析しています。これらの仕事は、数字が少し違うだけで、チームや選手に大きな影響を及ぼすため、とても責任感があり、やりがいのある仕事です。

現役部員からのメッセージ

宮﨑 将
慶應義塾
法学部政治学科
部員紹介ページへ

私が蹴球部のアナリストになったきっかけは、「スポーツデータ!?面白そう!」という好奇心でした。そして今、自分の好きなことを通して、チームの日本一へ貢献出来ることに喜びを噛み締めながら、日々活動しています。
私たちが行う仕事は、練習のサポートから自他チームのゲームの分析など多岐に渡ります。よって、チームの戦略・戦術・試合のメンバー決めにも、データを使いながら関わり、勝敗に大きく影響を与える責任のある仕事です。
アナリストとは、「ビデオ係」でも「データ屋さん」でもありません。私たちは、「物事を要素に分けて考える専門家」と考えます。言い換えるとラグビーを、定性的(ラグビー理論やルール)定量的(データ)に、細かく分解して、チームの現在地を正しく把握する役割を担います。また、常に進化し続けるスポーツデータの世界の中で、様々な分析手法を試行錯誤しアップデートできることも魅力です。
日々、映像やデータを通して、選手やチームの成長を実感できる、非常にやり甲斐のあるポジションです。ラグビーが好きな方、データ分析に興味がある方、日本一を目指す熱い気持ちがある方は是非、私たちと日本一を目指しましょう!

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる