2018年度シーズン終了のご挨拶(ヘッドコーチより)

カテゴリー:
お知らせ

皆様、明けましておめでとうございます。日頃より蹴球部に温かいご声援、ご支援を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

今シーズンは、12月23日帝京大学との4年生試合をもって終わることとなりました。ヘッドコーチとなって4年間、変わらずAggressive Defence、Rise、Fierceというラグビースタイルを掲げ、また観ている皆様方の心を震わせられるようなラグビーを目指して進んで参りましたが、着実に選手が力をつけていることを実感いたしました。部員たちも自分たちのやりたいラグビーを貫き通していたと思います。だからこそ、12月22日で大学選手権を終えることとなってしまったことが、非常に残念です。

今年度はこの4年間でもっとも多くのことを選手に預け、自分たちで考えてもらったシーズンでした。特に夏合宿以降はその話し合いの中で、プレイヤーとしてだけでなく、人としての成長が多くあったと感じております。部員たちにはそのことに誇りを持ち、自信を持って次の一歩を踏み出して欲しいと願っております。

最後に、今シーズンも一番の熱く大きな応援をいただきましたことを重ねて感謝申し上げます。新たなシーズンにおきましても、引き続き温かいご声援、ご支援を賜りたく、何卒宜しくお願い申し上げます。

皆様にとりましても2019年が素晴らしい年となることをお祈り申し上げます。

平成31年1月2日

ヘッドコーチ 金沢 篤

このページをシェアする
特別企画

2019部員紹介【Part.3】〜新入生③〜

特別企画

2019部員紹介【Part.2】〜新入生②〜

特別企画

2019部員紹介【Part.1】〜新入生①〜

慶應義塾體育會蹴球部オフィシャルサイト(https://keiorugby.com/)は、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる