“SURGE”対談〜富田×本郷〜

カテゴリー:
特別企画

【“SURGE”対談 】

 

“SURGE”対談第4弾は、富田颯樹(FL/慶應義塾志木)と本郷海志(FL/慶應義塾志木)の2人です!

高校3年間、一緒にラグビーに打ち込んできました。高校では共にBKSだった2人は、大学では共にFWDで同ポジションとなり、激しいポジション争いをしています。

そんな2人の熱い想いを聞いてきました!

 

Q.高校1年時、同じクラスで座席も斜めだった2人。第一印象を教えてください。

富田:最初は静かで暗めな印象でした。ただ明らかにクラスの中で1番体格が良くて、ラグビーにうってつけでもってこいな体型をしていると思いました。何かスポーツやっていたのか聞くとサッカーをやっていたと言っていましたが、ラグビー部に誘ったら入部してくれ、3年時にはキャプテンにまでなってくれました。

本郷:最初の頃の僕は人見知りをしていて、ラグビー部に積極的に誘ってくれて、明るくて面白い人だなという印象でした。ラグビーがめちゃくちゃ好きで、2個上の先輩の前でも全力でふざけたりしていてある種の尊敬もありました。

 

Q.高校時代、お互いはどのような存在だったか教えてください。

富田:自分の代はラグビー経験者が僕だけでした。海志(本郷)は高校からラグビーを始めたので、最初の1,2年間は自分が教える側のつもりでした。ただ学年が上がっていくうちにキャプテンシーを発揮してくれて、いつの間にか立場が逆転していて海志が学年を引っ張ってくれていました。ラグビーの経験がなくてもできることは常に1位になり続けるような熱い人でした。

本郷:学年で唯一の経験者で1年生からスタメンで試合に出ていたし、初心者の自分達とは違う視点でラグビーをしていると感じていました。3年生で主将になってまとめ役になったけれど、ラグビーを1番わかっていたのも花園への想いが1番強いのも颯樹(富田)でした。初心者集団なのでモチベーションの部分でバラバラになることもありましたが、颯樹の想いがチームがやる気になる源で、颯樹が頑張るからみんなが頑張っていたと思います。主将の自分だけではなくて颯樹も想いを持って態度やプレーで引っ張ってくれていました。

富田:海志もプレーで示すタイプでした。

本郷:本当は言葉で引っ張りたかったけど出来なくて、プレー面を意識していました。

 

Q.高校の時のチームはどのようなチームだったか教えてください。

富田:初心者ばかりのチームで、高校からラグビーを始める人がほとんどです。当然ラグビーがうまくはないけど、泥臭く直向きに頑張るチームです。才能集団ではなくチームとして勝とうとする集団で、モールが得意でした。大学と似ていて、慶應ラグビーを体現したチームだったと思います。

本郷:志木高はラグビー部への勧誘が少し強引なので、やる気もない状態で入部してきた人たちも多いです。まとまりがなくて大丈夫か不安になるような状態でスタートしましたが、3年生になる頃にはラグビーを理解してきて体も強くなり、後輩ができたことで意識も変わり、少しずつ良いチームになっていきました。

 

Q.お互いが大学でもラグビーを続けると知った時に感じたことを教えてください。

富田:海志がやるならやろうかな、と思って決めました。最初は大学でも当然ラグビーを続けるつもりでしたが、高校3年の時に大きめの怪我をしたり色々なことがあり、ラグビーが嫌になった時期もあり、大学で続けるかは迷っていました。でも、高校3年間一緒に頑張ってきた同期が大学でも続けると聞いて、居ても立ってもいられず大学のメディカルチェックに遅れて参加しました。

本郷:最初は颯樹とか関係なく1人で入ることを決めました。12月中に入部を決め、1月にあった新入生が一斉に行うメディカルチェックには1人で参加しました。でも心細かったし、志木出身が1人で寂しかったので、後々颯樹も入部することを聞いて心強かったです。同じ経験をしてきた仲間が1人いるだけで心持ちが変わるなと思いました。

 

Q.実際に同期として入部してみてどうですか。

富田:1,2年の頃はあまり話す相手がいなく、めちゃくちゃ頻繁に連絡を取っていました。海志は自分のことを1番よく知ってくれていて、そんな人が近くにいて、色々指摘したりもしてくれて安心感があります。また、高校ではずっとWTBをやっていたのに、1年生でFLに、同じポジションになると聞いてびっくりしたと同時に、ポジション争いが壮絶になると焦りました。でも実は、ずっと海志はFLが向いているのではと思っていました笑。同じポジションになり、4年生になったら一緒に試合に出れるかな、海志と両FLで試合に出れたらいいなと期待しました。

本郷:大学に入って少し明るくなったと思います。1年生の頃はコロナで、僕は実家でオンライントレーニング、颯樹は寮に入っていました。半年くらい実家で孤独を感じていましたが、ほとんど唯一話せる相手が颯樹で、寮の様子や他愛もない話を聞いていました。入部当初は特に僕は人見知りで、同期とも話すのが難しかった時がありましたが、颯樹は誰とでも話せるタイプだし日吉にいるしで、颯樹経由で周りと仲良くなれたり溶け込めた部分があったと思います。

 

Q.今、お互いがどのような存在か教えてください。

富田:気が許せる相手で、悩みとかなんでも話せるような深い仲だと思っています。後輩に仲悪いんですか?と聞かれたりするし、特別仲良いようには見えないかもしれないけれど、実はよくご飯に行ったりしていて仲良しです!海志は高校からラグビーを始めたにもかかわらず、yoyoやフィットネステストなどラグビーの経験がなくてもできることで常に1位になり続けるような熱い人です。そういうところが印象的で、刺激を受けています。

本郷:唯一の高校同期で、友達だし、同じポジションだし、切磋琢磨し合える仲間です。ラグビーへの想いや情熱、幼い頃から慶應ラグビーに憧れてきた分気持ちがとても熱い奴なので、そういうところで刺激されます。

 

Q.お互いの印象的なエピソードを教えてください。

富田:4年の山中湖合宿で海志が怪我をして離脱してしまい、シーズン開幕戦に間に合わなくなってしまいました。そんな中、開幕戦で海志に手紙をもらって、海志の分まで頑張ろうと思いました。いくつか手紙をもらいましたが、あえて海志のは最後に読んで、自分の中のスイッチを入れました。高校3年間一緒に頑張ってきた同期のために、海志はすごく悔しい思いをしているだろうからその思いを背負って、志木高魂を背負って頑張ろうと決意をして、試合に臨みました。

本郷:今年の立教戦で、颯樹がスタメンで僕はリザーブでした。僕が途中で交代して入ったあと、最初のラインアウトで並んだ時は感慨深かったです。2人ともあの試合でジャッカルを決めて、試合も逆転勝ちすることができました。颯樹のジャッカルで逆転勝ちという記事が出ていましたが、本当は僕のジャッカルです笑。

 

Q.最終学年としてどのような思いでチームに関わっているか教えてください。

富田:自分は特に役職がないけれど、今はAグレードでチームを代表する場所で試合に出させてもらっています。そういうところで、自分の戦う姿とか、身長が低くて体重もない自分でも小さくても戦える、勝負できるんだ、という姿を後輩たちに示していきたいと思っています。

本郷:岡や響とは違って、自分は1年生から下のグレードでコツコツ積み上げて今やっと試合に出れています。今下のグレードにいる下級生たちのお手本に、頑張ればこうなれるんだということを示してあげれるように、というところを意識しています。

 

Q.あなたを“SURGE”させる原動力を教えてください。

富田:中学生の頃に大事な試合に負けてから、ラグビーを勝負の場だと、勝ちにこだわる場だと意識し始めました。高校最後の試合、花園予選で負けた時はとても悔しかったです。負けた相手は浦和高校で、埼玉随一の偏差値が高くてほぼ初心者の高校でした。結果として浦和高校が花園に出場して2勝していて、その時の悔しさが今の原動力になっています。

本郷:高校生の頃、大学は自分からは遠く、すごくて半端ない場所だと感じていました。そんな大学という場で、高校からラグビーを始めたような自分が活躍したら楽しいだろうな、自分が全力でやったらどこまで通用するのかな、というワクワク感が原動力の1つです。それと、颯樹が言ったように、高校最後に負けた時の悔しさは今でも覚えていて、負けた相手が花園まで進んだこともあり余計に悔しかったです。その悔しさも今の原動力の1つです。

 

Q.残りの対抗戦、その後の選手権に向けての意気込みを教えてください。

富田:また試合に出て、自分の売りであるタックルを全面に出して、魂のプレーでチームに貢献したいです!

本郷:今1番思うのは、少しでも長くこのチームでラグビーをしていたいということです。そのためには今後の試合全てに勝ちに行かないといけない、厳しい試合でも逃げてはいけない、自分が試合に出てチームを勝たせたい、少しでも長くこのチームでいたい、と思っています。

Q.お互いの意外な一面を教えてください。

富田:裏表がなくて、見たまんまです。嘘つけないです。

本郷:実はちょっと乙女で繊細な涙脆い人です。落ち込むと釣りに行ってます。

 

Q.2人で出かけるならどこに行きたいか教えてください。

富田:キャンプに行って、夜を語り明かしたいです。

本郷:ディズニー行きたいです!颯樹はディズニーが好きなので、全部解説してもらいたいです。

 

次の対談は、福本航平(CTB/常翔学園)と三木海芽(CTB/徳島県立城東)の2人です。

幼い頃に知り合い、今は大学で同じチームで一緒に戦っています。

次の更新もお楽しみに!

 

慶應義塾體育會蹴球部

このページをシェアする
no image
お知らせ

冬合宿だより

no image
お知らせ

練習見学会・zoom説明会実施のお知らせ

no image
お知らせ

2024年度 新入部員募集

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる