ラストシーズンに懸ける想い2020 Part3

カテゴリー:
チームダイアリー

慶大蹴球部公式HPをご覧の皆様、こんばんは!
朝夕の寒暖差が激しく、秋の深まりを感じさせる日々が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、本日は4年生部員の「ラストシーズンに懸ける想い2020」Part3をお送りします!

対抗戦2戦を終え、対抗戦シーズンも中盤に差し掛かります。

チームを引っ張る4年生の赤裸々な想いを、ぜひ最後までお読みください。

 

大谷 陸(FL・慶應義塾大学)

Q.チーム内での自分の役割・ラストシーズンに懸ける想い

「ゲンキ隊長」として、練習や試合中に人一倍声を出し、チームを盛り上げ引っ張るのが僕の役割です。辛い練習やチームの雰囲気が悪い時、チームに対して声かけをして、鼓舞します。また、もっとチームが良い方向に行くために「NEXTゲンキ隊長」を下級生の中から出すのも僕の役目です。

16年間続けてきたラグビーも今年が現役最後の年となります。多くの人に支えられ、応援してくださったおかげで、ここまで成長することができました。

ラストイヤー、黒黄を着て活躍することで、みなさんに恩返しができるよう精進いたします。応援のほど、よろしくお願いいたします。

 

瀬田 俊幸(PR/慶應義塾志木)

常に努力し続ける姿勢を見せることが私の役割です。常に上へと挑み続け、後輩たちに良い影響を与えられたらと考えております。
今までの四年間、対抗戦、大学選手権の舞台に個人としては立てていません。

お世話になった方々に恩返しするためにも日々挑戦し続けて、メンバー入りし勝利したいです。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

11月23日(月祝)の早慶戦前日まで、4年生のリレーは続きます。次回の更新もお楽しみに!

慶應義塾體育會蹴球部

このページをシェアする
チームダイアリー

ラストシーズンに懸ける想い2020 Part2

no image
お知らせ

10月10日(土)東京大学戦/10月11日(日)日本体育大学戦 無観客での実施につきまして

チームダイアリー

ラストシーズンに懸ける想い2020 Part1

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる