スタッフ紹介・トレーナー

塾蹴球部の学生トレーナーは主にトレーニング・メディカル・リハビリでの選手のサポートを行っています。多方面から選手をサポートするトレーナーは選手にとっても身近で頼りになる存在です。

トレーニング

競技中にコンタクトプレーを行うラグビー選手にとって、ウエイトトレーニングで体を強く大きくする事は怪我の予防、競技力向上には欠かせないものです。塾蹴球部では、平日は朝と午後、休日は基本的に一日に一回チームでウエイトトレーニングを行っています。
そこでのトレーナーは指導、補助、現場管理で選手をサポートします。

・指導   しっかりとしたフォーム、姿勢を注意して、目的の筋肉を鍛えられる様にする
・補助   トレーニングを行う際に、補助に入って手助けをする
・現場管理 怪我が起こらない様に、また効率的にトレーニングを行える様に監督する

その他にも、トレーニング中に声かけ等をして、選手のモチベーションアップにも気を配っています。

メディカル

グラウンドでの練習中、トレーナーは学生コーチと協力しながら練習が円滑に進むように練習のサポートを行っています。
練習前の怪我をしている選手へのテーピング、ウォーミングアップの誘導、練習中の水出しや怪我人への応急処置や練習後のクールダウンやストレッチ等のリカバリー、コンディショニング・リコンディショニングの指導もしています。

リハビリ

リハビリ中の選手たちは、ひとりひとり怪我の程度や回復状態を考慮して個別に作成されたリハビリメニューを行います。その際、トレーナーは彼らが正しいフォーム、高い水準でメニューを行うよう指導をします。選手が復帰する際に怪我以前よりも良いパフォーマンスができる状態にすることがトレーナーの目標であり、責任の問われるやり甲斐のある仕事です。

現役部員からのメッセージ

青栁 開
慶應義塾志木
商学部
部員紹介ページへ

私はラグビー部でトレーナーとして選手の体作りに注力しています。
トレーナーというと専門的な知識や特殊な技能が必要と思っている方も多いと思います。ですがこのチームのトレーナーはそれよりも「この選手に活躍してほしい」、「この選手の課題を解決してほしい」という熱意が何よりも大事だと思っています。
私自身も、何も知識がない中で入部し、選手の課題を解決していくことは非常に困難でした。しかし強くなった選手が試合で活躍する姿を見た時やチームが試合に勝利した時に大きなやりがいと達成感を感じました。
トレーナーとして入部するにあたり専門的な知識や経験は全く必要ありません。本気で部活動に打ち込みたいと思う方、4年間を充実したものにしたいと思う方、大歓迎です。ぜひグラウンドにお越しください。

当サイトは、以下のWebブラウザでご覧いただくことを推奨いたします。
推奨環境以外でのご利用や、推奨環境であっても設定によっては、ご利用できない場合や正しく表示されない場合がございます。
セキュリティを向上させるため、またウェブサイトを快適に閲覧するため、お使いのブラウザを最新版に更新してご覧ください。
このままご覧いただく方は、「閉じる」ボタンをクリックしてください。

閉じる